コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーチャーシュ[1世] Mátyás I

世界大百科事典 第2版の解説

マーチャーシュ[1世]【Mátyás I】

1440‐90
ハンガリー王。在位1458‐90年。コルウィヌスM.Corvinusとしても知られる人文主義者。フニャディ・ヤーノシュの子。1458年大貴族に対立する中貴族の支持により国王に選出され,賢臣ビテーズ・ヤーノシュVitéz Jánosの助言を得て,常備軍の建設,官僚の育成による中央集権化を進める。一方ではオスマン・トルコ勢力と,他方ではハプスブルク家およびポーランドのヤギエウォ家の勢力と対抗しつつ,ハンガリーを中欧帝国にしようとした(1468‐85年に対チェコ,オーストリア遠征,85年には一時ウィーンを占領)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーチャーシュ[1世]の言及

【ハンガリー】より


[オスマン軍との戦い]
 1241‐42年にモンゴル襲来があり,15世紀に入ってオスマン帝国の圧力が強まったが,ハンガリー王国はクロアチア,スロバキアを含む国家となり,商業と家畜生産で栄えた。15世紀後半のマーチャーシュ世の代には中欧最大の強国となり,ルネサンスの花を咲かせた。王はブダの城に人文主義者を集め,またコルビナ文庫をつくった。…

【ブラティスラバ】より

…都市としての骨格をもったのは13世紀で,ドイツ人の入植が盛んに行われた時代であった。中世,ことにハンガリー王マーチャーシュ1世(在位1458‐90)の時代にはハンガリーの経済・文化の最も重要な中心地として栄え,1467年にはここに大学(コメニウス大学の前身)が建てられた。1541年オスマン・トルコによってブダペストが奪取され,ブラティスラバは1784年まで2世紀以上にわたってハンガリー王国の首都となった。…

※「マーチャーシュ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マーチャーシュ[1世]の関連キーワード武田信栄土岐持頼動作強度結城戦場物語HDVNexus6SXGAワイドXGAなど今出ダム介護福祉士資格