マーティン ベスウィック(英語表記)Martine Beswicke

20世紀西洋人名事典の解説

マーティン ベスウィック
Martine Beswicke


1941.9.26 -
女優。
ポート・アントニオ(ジャマイカ)生まれ。
4歳の時から女優を志し、1954年ロンドンへ渡る。1年後に帰国し、観光映画に出演後、’61年ミス・ジャマイカとなり、賞金で再びロンドンへ渡り、’62年「Saturday Night Out」で長編映画デビューする。その後、「007/ロシアより愛をこめて」や「007/サンダーボール作戦」、イタリア西部劇などに出演するが、しだいに落ち目となり、’76年にはウェイトレスをして生活費を稼ぐ。その後、Beswickにeをつけ女優として活動を再開する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android