コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーティー ブラウン Marty Brown

現代外国人名録2012の解説

マーティー ブラウン
Marty Brown


国籍
米国

専門
プロ野球監督;大リーグ監督

本名
Marty Leo〉 マーティ・レオ〈Brown ブラウン

生年月日
1963/1/23

出生地
米国 オクラホマ州

学歴
ジョージア大学卒

経歴
1985年ジョージア大学からドラフト12位で大リーグ・レッズに入団、’88年メジャーに昇格。’90年オリオールズに移籍。メジャー3年間の通算成績は35試合で打率.180。’90年3Aのロチェスターでプレー。’91年3Aのコロラドスプリングスで113試合に出場、打率.303、15本塁打。’92〜94年の3年間、日本プロ野球の広島に在籍。主に一塁手、外野手としてプレー、迫力あるヘッドスライディングで観客を沸かせた。日本での通算成績は257試合で打率.256、50本塁打、165打点。帰国後はレンジャーズ入りし、’96年現役を引退。’97年よりパイレーツのマイナー各クラスで6年間監督を務めた後、2003年インディアンス3Aのバファロー監督に就任。2004年インターナショナルリーグ優勝に導き、その手腕を評価されて同リーグの最優秀監督賞と、米国で権威ある野球週刊誌「ベースボール・アメリカ」のマイナー全体の最優秀監督賞を受賞。2005年は地区優勝。2006年山本浩二監督の後任として広島監督に就任。同年5位、2007年5位、2008年4位、2009年5位。同年オフに野村克也監督の後任として楽天と2年契約を結んだが、2010年リーグ最下位に終わり、任期途中で解任される。

受賞
インターナショナル・リーグ最優秀監督賞〔2004年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android