コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マー・ワラー・アンナフル Mā warā’ al‐Nahr

世界大百科事典 第2版の解説

マー・ワラー・アンナフル【Mā warā’ al‐Nahr】

アラブの侵入期およびアラブ支配時代(8~9世紀)にアラブがブハラサマルカンドを含むアム・ダリヤ以北のオアシス定住地帯を呼んだ名称。アラビア語で〈川(アム・ダリヤ)のかなたの地〉を意味する。西方世界でのこの地方に対する呼称トランソクシアナTransoxiana,すなわち〈オクスス川(アム・ダリヤ)のかなたの地〉と同義である。これに対し,シル・ダリヤ以北の遊牧地帯はトルキスタン,すなわちペルシア語で〈トルコ人の住地〉と呼ばれたが,10世紀末に始まるカラ・ハーン朝のマー・ワラー・アンナフル支配以後,この地方に徐々にトルコ人が流入して,従来ペルシア語の用いられていたこの地方をトルコ化した結果,現在ではこの地方をもトルキスタンと呼び,マー・ワラー・アンナフルという用語は,いわばこの地方に対する雅称として用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マー・ワラー・アンナフルの関連キーワードマートゥリーディーイブン・ハウカルムカンナーの乱アッバース朝ティムール朝ホラーサーンサーマーン朝ホラズムアラブ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android