ミアスク岩(読み)ミアスクがん(英語表記)miaskite, miascite

岩石学辞典の解説

ミアスク岩

オリゴクレース黒雲母ネフェリン閃長岩で,粗粒または細粒の粒状から片状の組織を持つ.1/3が正長石,1/3が斜長石,残りはネフェリン,緑色レピドメレンなどで構成されている[Rose : 1839].ロシア,ウラル(Ural)地方,イルメン(Ilmen)山脈のミアスク(Miask)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android