コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミエロスワフスキ ミエロスワフスキMierosławski, Ludwik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミエロスワフスキ
Mierosławski, Ludwik

[生]1814.1.17. ヌムール
[没]1878.11.22. パリ
ポーランドの軍人,独立運動の指導者。「大亡命時代」の知識人。十一月蜂起 (1830~31) に参加後,フランスに亡命。 1843年からポーランド民主協会のメンバーとして活動。独立運動においてシュラフタも農民も信用せず,シュラフタ出身の脱階級知識人を意味する「中間階級」に依拠しようとした。 45年蜂起準備のため帰国したが,発覚してプロシア警察に逮捕,死刑を宣告された。しかし 48年革命勃発のため釈放,ウィエルコポルスカ (ポズナンを中心とする地方) の蜂起を指導。敗北後,再度フランスに亡命。一月蜂起 (63~64) の初期独裁官に任じられたが,戦闘指導に失敗して辞任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミエロスワフスキの関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙パジェスファン=デン=ブルークモーニッケラクロスミス竹垣直温エイズボル憲法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android