コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカエル4世 ミカエルよんせいMichael IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカエル4世
ミカエルよんせい
Michael IV

[生]?
[没]1041.12.10. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1034~41) 。ロマヌス3世をその皇妃ゾエとはかって暗殺,皇妃と結婚して即位。有能な政治家で軍人であったが,てんかんを病み,実務は兄ヨハネスがとった。ファーティマ朝と 30年和約を締結 (1037) ,南方からの脅威を取除いた。スラブ人デリヤンが重税に苦しむバルカン半島住民とともに反乱を起した (40) が,1年後,鎮圧に成功。しかしツェタ侯国のステファン・ボイスラフ王の独立運動を押えることはできず,バルカン半島唯一の独立国として許さざるをえなかった (41) 。 1041年病の進行により退位,同年聖コスマスとダミアン修道院に入り,即日病死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミカエル4世の関連キーワードミカエル5世ロマヌス3世ファーティマロマヌス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android