コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカエル7世 ミカエルななせいMichael VII Ducas

1件 の用語解説(ミカエル7世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカエル7世
ミカエルななせい
Michael VII Ducas

[生]1059. コンスタンチノープル
[没]1078. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1071~78) 。コンスタンチヌス 10世の長男。皇太后と結婚していた軍司令官出身の皇帝ロマヌス4世マンジケルトの戦いに敗れ,トルコ軍の捕虜になったあと,即位。 1071年バリ島がノルマン軍に占領され,東西両教会統一を条件に教皇グレゴリウス7世に援助を求めたが,実現しなかった。クロアチアのデメトリウス・ズボニミール王,ツェタ侯国のミカエル王はローマ教皇より王の称号を受け (76~77) ,ビザンチン勢力から独立。ペチェネグ,ハンガリーの侵入もあり,バルカン半島は政情不安定となった。ニケフォリツェス宰相は穀物販売業を国営化したため物価上昇を招き,内政不安により,帝位をねらう反乱が続発。そのうちの一人で小アジアの軍司令官ニケフォルス・ボタニアテスが首都コンスタンチノープル入城を果したため,78年3月退位,スツディウス修道院に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミカエル7世の関連キーワード道の駅突尼斯覚助高階為章源雅実源麗子覚助胡瑗今昔物語集章惇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone