ミカエル7世(読み)ミカエルななせい(英語表記)Michael VII Ducas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカエル7世
ミカエルななせい
Michael VII Ducas

[生]1059. コンスタンチノープル
[没]1078. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1071~78) 。コンスタンチヌス 10世の長男。皇太后と結婚していた軍司令官出身の皇帝ロマヌス4世がマンジケルトの戦いに敗れ,トルコ軍の捕虜になったあと,即位。 1071年バリ島がノルマン軍に占領され,東西両教会統一を条件に教皇グレゴリウス7世に援助を求めたが,実現しなかった。クロアチアのデメトリウス・ズボニミール王,ツェタ侯国のミカエル王はローマ教皇より王の称号を受け (76~77) ,ビザンチン勢力から独立。ペチェネグ,ハンガリーの侵入もあり,バルカン半島は政情不安定となった。ニケフォリツェス宰相は穀物販売業を国営化したため物価上昇を招き,内政不安により,帝位をねらう反乱が続発。そのうちの一人で小アジアの軍司令官ニケフォルス・ボタニアテスが首都コンスタンチノープル入城を果したため,78年3月退位,スツディウス修道院に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android