コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクライト micrite

岩石学辞典の解説

ミクライト

微晶質(microcrystalline)方解石を縮小した語.約0.005mm(5μm)よりも小さい方解石の微結晶からなる細粒の石灰岩に用いられ,無機化学的または生化学的に作られたものである.ウッズ(ooze)や泥などで,石質化するかまたは未固結のものである[Folk : 1959, Bathurst : 1971].この語は,もともとはギュンベルが導入した名称で,ガラス質または半ガラス質の岩石の中の晶子および微晶を指している[Gümbel : 1888].これらの多くは堆積盆で海水などから沈殿などにより形成される.貝類の破片などの粒子の周囲がミクライトで包皮状に置換されたものを(micrite envelope)という.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ミクライトの関連キーワードバイオペルスパーライトイントラミクルダイトバイオペルミクライトイントラミクライトバイオミクルダイトウーミクルダイトバイオミクライトミクライト化作用ペレット石灰岩ミクライト外皮ウーミクライトウースパライトペルミクライトスパーライトクリプタイト石灰質泥岩オルソケム鳥目石灰岩ペレット石版石

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android