コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクリチ=ラデツキ ミクリチ=ラデツキMikulicz-Radecki, Johann von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクリチ=ラデツキ
Mikulicz-Radecki, Johann von

[生]1850.5.16. チェルノフツィ
[没]1905.6.4. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
ポーランドの外科医。1875年ウィーン大学で学位を得て,腹部外科の創始者 T.ビルロートの助手となり,多くの手術法を創案するほか,T.リスターの消毒法の普及に尽力した。1882年クラクフ,1887年ケーニヒスベルク,1890年ブレスラウ各大学の外科学教授を歴任。ミクリチ=ラデツキの記述した病気,発明した外科術式や器具にその名を冠したものが多い。食道鏡や胃鏡を改良し,手術マスク着用の最初の人といわれる。甲状腺腫,癌,麻酔法,殺菌法などの研究で業績が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミクリチ=ラデツキの関連キーワードウロツワフ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android