コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロネシア ミクロネシア Micronesia

翻訳|Micronesia

7件 の用語解説(ミクロネシアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロネシア
ミクロネシア
Micronesia

西太平洋の赤道以北,180°の経線の西側からフィリピン諸島東方にかけて分布する島々の総称。東西約 3000kmにわたって 2000をこえる火山島やサンゴ礁が点在。比較的大きい島はサイパン島グアム島で,ほかにマリアナ諸島カロリン諸島マーシャル諸島ギルバート諸島オーシャン島などを含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミクロネシア(Micronesia)

《小さい島々の意》
太平洋中西部の諸島群の総称。太平洋の島々を三大別したときの一。カロリン諸島マーシャル諸島ギルバート諸島などがある。第一次大戦後は日本の委任統治領となって南洋群島とよばれ、第二次大戦後は多くが米国信託統治領となった。1970年代以降、独立が進む。住民はカナカチャモロなど。
西太平洋、カロリン諸島中のヤップチューク(旧トラック)・ポンペイ・コスラエなどの島々からなる連邦国。首都はポンペイ島パリキール。米国信託統治領から、1979年自治政府が発足し、1986年独立。正式名称、ミクロネシア連邦。人口11万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミクロネシア

西太平洋,赤道以北,180度線以西の地域。名は〈小さな島々〉の意。ナウルキリバスミクロネシア連邦マーシャル諸島共和国,パラオ共和国,米国の準州(グアム),同自治領の北マリアナ諸島という七つの〈ミニ・ステート〉からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ダイビング用語集の解説

ミクロネシア

グアム、サイパンパラオポナペなどが含まれ、ポピュラーなダイビングスポットの一大集合エリアともなっている。

出典|ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロネシア【Micronesia】

西太平洋,赤道のほぼ北,南緯3゜~北緯20゜,東経130゜~180゜の海域に散在する島々の総称。マリアナ諸島カロリン諸島マーシャル諸島ギルバート諸島(キリバス)とナウル島などの島より構成され,島の総数は約2100,総面積は2851km2である。このうち人が居住する島は130にすぎず,人口は約30万(1982)。島は火山島,環礁島,隆起サンゴ礁島よりなり,最大の島グアム島でも541km2,小さな島になると1km2に満たない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミクロネシア【Micronesia】

太平洋にある島々の三大区分の一。西太平洋の、日付変更線以西、ほぼ赤道以北の区域にある島々の総称。マリアナ諸島・カロリン諸島・マーシャル諸島などを含む。
西太平洋、カロリン諸島のポンペイ・トラック・ヤップ・クサイエなどの島から成る連邦共和国。四州から成る。もと日本の委任統治領(南洋群島)。1947年アメリカ合衆国の信託統治領になったが、79年自治政府を発足させ、86年独立。コプラを産する。首都はポンペイ島のパリキール。面積700平方キロメートル。人口11万( 2003)。正称、ミクロネシア連邦。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクロネシア
みくろねしあ
Micronesia

西太平洋のうち、赤道以北の部分に散在する島々。海域は500万平方キロメートルに及ぶが、陸地総面積はわずか3667平方キロメートルにすぎない。ミクロネシアとは「小さい島々」という意味で、1831年ドムニ・デ・リエンツィがフランス地理学協会に提案した名称であるが、メラネシアポリネシアという名称とともに、オセアニアを三分する地域名となった。政治的には、大部分が第二次世界大戦後、太平洋信託統治諸島となった地域で、ほかにグアム島、ナウル、オーシャン島、ギルバート諸島が含まれる。地理的には、大きくカロリン諸島、マーシャル諸島、マリアナ諸島の三つの島嶼(とうしょ)群に分けられる。カロリン諸島には963の島嶼があり、陸地面積2150平方キロメートル、このうちコスラエ、ポナペ、チューク(トラック)、ヤップの各島群はミクロネシア連邦(1979自治政府発足、1986独立)を構成、パラオ地区はパラオ(ベラウ)共和国(1981自治政府発足、1994独立)となっている。マーシャル諸島は島嶼の数では約900もありながら陸地面積は181平方キロメートルにすぎない。この諸島も独立(1986)してマーシャル諸島共和国となっている。マリアナ諸島はグアム島を含む主要な15の島数で合計1020平方キロメートル。グアムを除く各島は北マリアナ連邦(1978自治政府発足)として独立(アメリカ自治領化)した。マーシャル諸島に続くギルバート諸島はオーシャン島を含めて17島、295平方キロメートル。これはポリネシア側のフェニックス諸島、ライン諸島などとともにキリバスとして独立(1979)した。ナウルは21平方キロメートルの孤島である。
 ミクロネシアの西半は環太平洋造山帯の西縁に沿って海上に目だつほどそびえる火山島も多いが、マリアナ海溝以東はサンゴ礁からなる低平な小島とくに環礁が多い。この地域は全般的に17世紀初頭スペインの航海者たちがメキシコとフィリピンの間を往復していてここに到達、その後ドイツの植民地時代が続いた。第一次世界大戦後は日本の委任統治領となったが、第二次世界大戦では日本とアメリカの間の激戦地となり、戦後アメリカの信託統治領となっていたという歴史をもつ。スペイン系の地名、ドイツ時代のココヤシのプランテーション、日本時代の漁業技術などのうえに、いわゆるアメリカ民主主義が定着したという歴史的経過をたどった地域である。[大島襄二]

住民

住民はミクロネシア人とよばれているが、形質の異同とは無関係に二大別して呼び習わされており、早くからキリスト教化された北部のマリアナ諸島に居住する人々をチャモロ人、それ以外の南部の島々に居住する人々をカナカ人という。
 身体的特徴は、ポリネシア人より低身長で、頭髪は黒褐色で直状毛、巻毛や縮毛もみられる。皮膚の色は、西から東に移るにつれて暗褐色から淡褐色になる。言語的にはオーストロネシア語族に属するが、マリアナ諸島のチャモロ語、パラオ諸島のパラオ語は、系統上はインドネシア語派(ヘスペロネシア語派)に属する。マーシャル、ポナペ、トラック、オレアイの諸語およびギルバート語は、中核ミクロネシア語群に属し、系統上はメラネシア語派のニュー・ヘブリデス諸語やフィジー語に近い。
 言語学、先史学の成果によれば、ミクロネシアの文化は、フィリピン、東インドネシア方面から、西縁ミクロネシアのパラオ、ヤップ、マリアナ諸島に移入してきた文化と、メラネシアのニュー・ヘブリデス諸島付近から北上して、ギルバートおよびマーシャル諸島を経て、東・中カロリン諸島に伝わった文化とに区別される。この二つの文化は何回もの小さな波となって波及し、ミクロネシアの伝統文化の形成に影響を与えた。
 西欧人と接触する以前のミクロネシア人は、新石器文化の段階にある農耕民であった。ココヤシ、パンノキ、バナナ、タロイモ、ヤムイモなどが主要作物であったが、サンゴ島では漁労とパンノキ栽培への依存度が高く、火山島ではタロイモ、ヤムイモなどの根茎栽培への依存度が高い。サンゴ島と火山島との異なる生態条件は、それぞれの島で、男女の分業を軸とする社会組織を多様なものにしている。非単系社会であるギルバート諸島を除けば、ミクロネシアは母系を通じて共同の祖先につながりをもつ親族集団が支配的な役割を演じる母系制社会である。しかし、散村形態をとる母系妻方居住婚拡大家族が支配的な東部、中央部地域と、集村形態をとる母系夫方居住婚小家族が支配的な西部地域とは対照的である。
 政治的には、土地と海の統制と初物献納を軸とする多様な形態の首長制政治組織が発達している。宗教的権威を背景に広大な海域に及ぶ貢納・交易網を支配したヤップ島、「ポトラッチ」的威信経済を発達させたポナペ島、コスラエ島の首長国、有力な首長の出現に伴って階層化の進んだマーシャル諸島、親族的序列の域にとどまっているチューク諸島など差異は大きい。
 ミクロネシアの社会生活上で大きな役割を果たしているのは、男子集会所、若者宿、クラブハウスなどの男子舎屋の存在である。これらは一つの建物に融合していることもあるが、いずれにせよ、祭政の場であるとともに、未婚男子の合宿所である。これに対し、女子用には月経小屋が存在した。
 カロリン諸島やマーシャル諸島のサンゴ島では、近隣の島々や火山島と一種の共生関係が結ばれ、これらの島民間では航海に関する知識と技術が発展し、船体の一側にフロートをつけたアウトリガー・カヌーによる遠洋航海を発達させた。[牛島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミクロネシアの言及

【オセアニア】より

…残りの数千を数える島々の総面積はわずか18万km2にすぎない。 大陸を除いたオセアニアの島々の世界は,通常地理学的および人類学的観点からメラネシアポリネシアミクロネシアの3地域に区分される。メラネシア(ギリシア語で〈黒い島々〉の意。…

※「ミクロネシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミクロネシアの関連キーワード太平寺気を失う紅玉紅塵細い舌を振るう太子堂太郎時に当たる揉みに揉む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミクロネシアの関連情報