ミグ25亡命事件(読み)ミグにじゅうごぼうめいじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミグ25亡命事件
ミグにじゅうごぼうめいじけん

ソビエト連邦空軍の操縦士がミグ MiG-25戦闘機(→ミグ戦闘機)で日本領空を侵し,日本当局にアメリカ合衆国への政治亡命を求めて保護を願い出た事件。1976年9月6日,ソ連空軍のビクトル・ベレンコ中尉が,最新鋭戦闘機に乗って北海道の函館空港に強行着陸し,アメリカへの亡命を希望。高性能機の秘密が関心の的となり,ソ連はベレンコ中尉の身柄と機体の即時引き渡しを要求した。しかし日本側は,ベレンコ中尉のアメリカ亡命を認め,機体は茨城県の自衛隊百里基地に移し分解,調査したあとソ連に返還した。日本とアメリカによる機体の分解,調査は,ソ連にとって深刻な問題となった。また,同機が日本の防空識別圏に侵入したにもかかわらず,航空自衛隊自動警戒管制組織 BADGEによる索敵をまったく逃れ,函館空港に着陸したことで,日本の防空能力が大きく問われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android