コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミグ25亡命事件 ミグにじゅうごぼうめいじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミグ25亡命事件
ミグにじゅうごぼうめいじけん

ソビエト連邦空軍の操縦士がミグ MiG-25戦闘機(→ミグ戦闘機)で日本領空を侵し,日本当局にアメリカ合衆国への政治亡命を求めて保護を願い出た事件。1976年9月6日,ソ連空軍のビクトル・ベレンコ中尉が,最新鋭戦闘機に乗って北海道の函館空港に強行着陸し,アメリカへの亡命を希望。高性能機の秘密が関心の的となり,ソ連はベレンコ中尉の身柄と機体の即時引き渡しを要求した。しかし日本側は,ベレンコ中尉のアメリカ亡命を認め,機体は茨城県の自衛隊百里基地に移し分解,調査したあとソ連に返還した。日本とアメリカによる機体の分解,調査は,ソ連にとって深刻な問題となった。また,同機が日本の防空識別圏に侵入したにもかかわらず,航空自衛隊自動警戒管制組織 BADGEによる索敵をまったく逃れ,函館空港に着陸したことで,日本の防空能力が大きく問われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミグ25亡命事件の関連キーワード日ソ貿易支払協定

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android