コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミグMiG-31 ミグエムアイジーさんじゅういちMiG-31

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミグMiG-31
ミグエムアイジーさんじゅういち
MiG-31

ソビエト連邦がミグ MiG-25を基本として開発した2人乗りの超音速迎撃機。 1975年9月に初飛行,1983年に配備を開始,1991年のパリ航空ショーで初めて西側に姿を見せた。北大西洋条約機構 NATOのコード名はフォックスハウンド Foxhound。外観は MiG-25と似ているが,エンジンの空気取入口が大きくなり,操縦席はタンデム複座。また電子機器が一新され,自機より低い空域を探索するルックダウン・シュートダウン能力に優れ,レーダによる索敵範囲は 300kmといわれる。燃料搭載量も増えて,航続距離が伸びた。通常4機で編隊を組み,幅約 800kmの空域を捜索する。エンジンは D30-F6ターボファン (アフタバーナ点火推力 15.5t) ,乗員2,全長 22.69m,全幅 13.46m,総重量 46t,最大速度マッハ 2.8,出撃半径 1400km。武装 23mm機関砲1,対空ミサイル8。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミグMiG-31の関連キーワードミグ戦闘機

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android