コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミケリス(三毛栗鼠) ミケリス Callosciurus prevosti

1件 の用語解説(ミケリス(三毛栗鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミケリス【ミケリス(三毛栗鼠) Callosciurus prevosti】

背中と尾が光沢のある黒色,体側と頰が白色,腹面と四肢が赤茶色の目だった配色をもつ樹上生のリス。名もこれによる。齧歯(げつし)目リス科の哺乳類スマトラボルネオマラヤ,タイに分布する。体長24~26cm,尾長20~25cm,体重370~500g。本来の生息場所熱帯雨林であるが,しばしばアブラヤシココヤシなどの果樹園にすみつき,果実を食害する。おもな食べ物は果実と昆虫。木の上の高所に自分でかじりとった枝を編んで大きな巣をつくり,1~3月に2~3子を生む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミケリス(三毛栗鼠)の関連キーワード漆石川秋沙鍋鸛熊蝉シャイニー土椿象姫花蜂ポゾライトガイナセ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone