コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシェル・オバマ みしぇる・おばま Michelle Obama

1件 の用語解説(ミシェル・オバマの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ミシェル・オバマ

アメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマの夫人。1964年1月17日、シカゴの黒人街サウスサイド生まれ。旧姓は、ロビンソン。進学したプリンストン大学では、卒業論文テーマに人種と黒人コミュニティーの問題を選んだ。その後、ハーバード大学ロースクールに進学。在学中の88年、夏期学生アソシエート(勤務弁護士)としてシドリー&オースティン法律事務所に採用される。ここでは、主に知的財産法やマーケティング関連の案件に携わった。翌年、同じく夏期学生アソシエートとして同事務所に雇用されたバラク・オバマと出会う。
91~96年には、シカゴの市政府に招かれ、市長補佐、経済開発コーディネーターなどを歴任。一方、働く若者を支援する貧困地区の非営利組織「パブリック・アライズ」の事務局長を務め、また国際政治法曹界の有力者が集う「シカゴ国際関係評議会」などの理事にも名をつらねた。オバマ氏とは92年に結婚し、2女をもうける。その後、シカゴ大学の学部長補佐、同大学病院副院長を務める。
こうした華々しい略歴と野心を隠さない自由奔放な性格から、ヒラリー・クリントンと比較されることが多い。オバマ大統領も「妻がライバルだったら、わたしは負けていただろう」と語っているほどである。ところがオバマの勝利後は、自らの役割を「母親司令官(Mom-In-Chief)」と発言し、さまざまな憶測を呼んだ。大統領選の最中には「初めて米国を誇りに思えた」と演説して愛国心の欠如を非難され、就任後の2009年4月には、英国エリザベス女王との面会の際、女王の背中に手をまわしたことが物議を醸している。
だが、米国民の多くは、アメリカンドリームを体現している良き妻・良き母に好意的なようだ。知性あふれる美ぼうと180センチの長身、新進ブランドカラフルドレスを着こなすファッションセンスの評価も高く、選挙戦中の08年9月には、ファッション誌『ピープル』の「今年の女性ベストドレッサー10人」に選出され、09年4月には「今年の最も美しい人100人」にも選ばれている。さらに『ヴォーグ』誌(09年3月号)の表紙も飾るなど、ファッション・アイコンとしての注目も集めており、「ジャクリーン・ケネディーの再来」との呼び声も高い。

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミシェル・オバマの関連キーワードアメリカ合衆国アングロアメリカ北アメリカ大統領府アメリカン合衆国北米華盛頓亜米利加T-Bond(Treasury Bond)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミシェル・オバマの関連情報