コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシマサイコ(三島柴胡) ミシマサイコBupleurum falcatum var. komarowi; thoroughwax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシマサイコ(三島柴胡)
ミシマサイコ
Bupleurum falcatum var. komarowi; thoroughwax

セリ科の多年草。ユーラシア大陸に広い分布をもつ母種 B. falcatum変種とされ,本州,四国,九州と朝鮮半島の南部に分布する。日当りのよい山地,丘陵の草原に生える。茎は直立し,高さ 40~70cmで上部は分枝する。葉は硬く平行脈があり,広線形で先はとがる。根出葉は長い柄があり,茎葉は柄がない。8~10月に,黄色い5弁の小さな花を小散形花序に数個ずつつける。根にサポニンその他の植物ステロイドを含み,薬用植物として使われる。生薬としては単にサイコと呼ぶことも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android