コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミジンコウキクサ(微塵粉浮草) ミジンコウキクサ Wolffia arrhiza

1件 の用語解説(ミジンコウキクサ(微塵粉浮草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミジンコウキクサ(微塵粉浮草)
ミジンコウキクサ
Wolffia arrhiza

ウキクサ科の一年草。東京付近をはじめ関東地方より西の各地に広く帰化し,世界中に分布する。池の水面に浮ぶ微細な粒状の単子葉植物で,種子植物では世界最小のものといわれる。根をもたず,緑色で一端から芽を出し,分離して増殖する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミジンコウキクサ(微塵粉浮草)の関連キーワード赤浮草瓜草木香菊唐草紫蘇草露草星草青浮草浮草アカウキクサ科

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone