コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミジンコウキクサ(微塵粉浮草) ミジンコウキクサWolffia arrhiza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミジンコウキクサ(微塵粉浮草)
ミジンコウキクサ
Wolffia arrhiza

ウキクサ科の一年草。東京付近をはじめ関東地方より西の各地に広く帰化し,世界中に分布する。池の水面に浮ぶ微細な粒状単子葉植物で,種子植物では世界最小のものといわれる。根をもたず,緑色一端から芽を出し,分離して増殖する。冬は休眠芽をつくって水底に沈む。雌雄同株で花は単生する。秋頃,まれに体の上面にへこみができ,なかにおしべめしべ各1本をつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミジンコウキクサ(微塵粉浮草)の関連キーワードウキクサ科

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android