コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミストラの遺跡 ミストラのいせき

1件 の用語解説(ミストラの遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミストラのいせき【ミストラの遺跡】

ギリシアのペロポネソス半島の中央部、スパルタ西郊のラコニア地方のエウロタス河畔、タイエトス山脈の斜面に広がる中世の東ローマビザンチン)帝国時代の城塞都市遺跡。ミストラは東ローマ帝国時代、この地方の行政府が置かれた都市で、13世紀建造の聖ディミトリオス大聖堂、14~15世紀建造のパンダナサ修道院、オデトリア教会のほか、城塞など、ビザンチン時代後期の数多くの遺構が残っている。世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone