ミストラの遺跡(読み)ミストラのいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミストラのいせき【ミストラの遺跡】

ギリシアのペロポネソス半島の中央部、スパルタ西郊のラコニア地方のエウロタス河畔、タイエトス山脈の斜面に広がる中世の東ローマ(ビザンチン)帝国時代の城塞都市遺跡。ミストラは東ローマ帝国時代、この地方の行政府が置かれた都市で、13世紀建造の聖ディミトリオス大聖堂、14~15世紀建造のパンダナサ修道院、オデトリア教会のほか、城塞など、ビザンチン時代後期の数多くの遺構が残っている。世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android