コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミスミグサ Elephantopus scaber L.

1件 の用語解説(ミスミグサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミスミグサ【Elephantopus scaber L.】

旧世界の熱帯に分布するキク科の多年草ミスミギクイガコウゾリナの名もある。アフリカ産のものと東アジア産のものとは亜種として区別されており,東アジア産のものは基本変種ssp.scaberである。茎は直立し,高さ20~80cm,二叉分枝状に分枝する。根出葉はロゼット状で,開花時にもある。茎葉は少なく,上のものほど小さい。花期は4~12月。花は両性の筒状の4小花からなる頭花である。この頭花が3~4個,枝の先に密集し,一つの集合体となり,広卵形の3枚の苞に包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミスミグサの関連キーワードツワブキ旧世界風船葛山薊白艾スイートバジル浜艾艾菊キクココヤシ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone