コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズキンバイ(水金梅) ミズキンバイLudwigia stipulacea (Ohwi) Ohwi

1件 の用語解説(ミズキンバイ(水金梅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミズキンバイ【ミズキンバイ(水金梅) Ludwigia stipulacea (Ohwi) Ohwi】

暖帯や亜熱帯地方の浅い池沼に群生するアカバナ科の水生多年草イラスト)。本州,四国,九州のほか,台湾や海南島にもある。キンバイソウに似た離弁の黄色い花をつけるところから,和名がついた。茎は軟らかく,長く泥中をはい,斜めにのびて水上に出る。呼吸根を出す。葉は茎の上方に集まって互生し,倒披針形,成葉では長さ5cm,幅1cm内外。花は上部の葉脈に単生し,径約2.5cm,花弁と萼片は4または5枚,おしべは8~10本,めしべは1本で子房下位,果実は蒴果(さくか)で棍棒状,長さ2~2.5cmに及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone