コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズキンバイ(水金梅) ミズキンバイLudwigia stipulacea (Ohwi) Ohwi

世界大百科事典 第2版の解説

ミズキンバイ【ミズキンバイ(水金梅) Ludwigia stipulacea (Ohwi) Ohwi】

暖帯や亜熱帯地方の浅い池沼に群生するアカバナ科の水生多年草(イラスト)。本州,四国,九州のほか,台湾や海南島にもある。キンバイソウに似た離弁の黄色い花をつけるところから,和名がついた。茎は軟らかく,長く泥中をはい,斜めにのびて水上に出る。呼吸根を出す。葉は茎の上方に集まって互生し,倒披針形,成葉では長さ5cm,幅1cm内外。花は上部の葉脈に単生し,径約2.5cm,花弁と萼片は4または5枚,おしべは8~10本,めしべは1本で子房下位,果実は蒴果(さくか)で棍棒状,長さ2~2.5cmに及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミズキンバイ(水金梅)の関連キーワード暖帯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android