コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズクラゲ(水水母) ミズクラゲAurelia aurita

世界大百科事典 第2版の解説

ミズクラゲ【ミズクラゲ(水水母) Aurelia aurita】

ハチクラゲ綱ミズクラゲ科に属する腔腸動物(刺胞動物)(イラスト)。生殖腺の形からヨツメクラゲ(四ツ目水母)とも呼ばれる。日本近海にごくふつうに見られる。また寒流域を除いたほぼ全世界の海に分布している。傘は円盤状より多少盛り上がり,直径が20~30cmの個体が多く,まれに40cmになるものもある。傘の縁は8等分していて,その境ごとに感覚器があり,また縁の上方から小さい触手が1列に密生している。口腕は4本で大きく,下側中央に溝があって,その溝が合一するところに口が開いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のミズクラゲ(水水母)の言及

【イボダイ】より

…全身銀白色。福井にはミズクラゲが大発生した年はイボダイの漁獲が多いという言い伝えがあるが,エチゼンクラゲ,ミズクラゲと共生する。クラゲはイボダイ,とくに稚魚の餌料となる。…

【クラゲ(水母)】より

ジュウモンジクラゲ類の体はポリプの先にクラゲがついた形で,ふつうのクラゲのように浮遊せずに海藻や他のものに付着して生活する。ハチクラゲ類の代表的なミズクラゲ(イラスト)の傘は8区分され,その境ごとに感覚器がある。口から短い食道を経て胃腔になり,続いて4個の胃囊に連絡する。…

【腔腸動物】より

…ポリプとクラゲの両方の型をもつものが多いが,一つの生活史で両方の型が明らかにされている種類はそう多くはない。北海道の厚岸(あつけし)地方に産するキタクラゲや淡水産のマミズクラゲなどはクラゲの直径が20mmほどで容易に気がつくが,キタクラゲのポリプは高さ0.3~0.5mmで1本の触手をもっているにすぎず,またマミズクラゲのポリプは1mmほどで長い触手をもたず,ときに泥をかぶっているので簡単には発見できない。 ギサンゴやイタミレポラのようなヒドロサンゴ類は共肉が石灰質を分泌してかたい骨格をつくるが,ポリプには餌をとらえる指状ポリプと餌を消化する栄養ポリプの2種類があって分業している。…

【世代交代】より

…そして,この動物では有性生殖を行って単独で生活する世代と,無性生殖を行って群体生活を営む世代が交互に現れるために,この現象をデンマークのステーンストルプJ.J.S.Steenstrup(1813‐97)が〈世代交代〉と呼んだ(1841)。 日本の沿岸に多いミズクラゲも明りょうな世代交代を行う。海中に浮遊する通常のミズクラゲは有性世代で,卵と精子を生じるが,その受精卵が発達して孵化(ふか)すると,繊毛をもって海中を遊泳するプラヌラplanulaという幼生となる。…

※「ミズクラゲ(水水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android