コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキガニ(水引蟹) ミズヒキガニEplumula phalangium

世界大百科事典 第2版の解説

ミズヒキガニ【ミズヒキガニ(水引蟹) Eplumula phalangium】

十脚目ミズヒキガニ科の甲殻類。甲はヨウナシ形で,甲長1.5cmほどであるが,歩脚管状で著しく長く,左右に広げると15cm以上になる。赤くて長い歩脚が,祝儀袋にかける水引を思い起こさせるのでこの名がある。額角(がつかく)はシカの角状で,2本の小さな枝がある。最後の脚は前3対の歩脚よりずっと短くて背中側に位置し,歩くときにバランスをとるのに使われる。指節と前節は不完全なはさみを形成しており,海藻の切れはしなどをはさんでいることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android