コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキガニ(水引蟹) ミズヒキガニEplumula phalangium

世界大百科事典 第2版の解説

ミズヒキガニ【ミズヒキガニ(水引蟹) Eplumula phalangium】

十脚目ミズヒキガニ科の甲殻類。甲はヨウナシ形で,甲長1.5cmほどであるが,歩脚管状で著しく長く,左右に広げると15cm以上になる。赤くて長い歩脚が,祝儀袋にかける水引を思い起こさせるのでこの名がある。額角(がつかく)はシカの角状で,2本の小さな枝がある。最後の脚は前3対の歩脚よりずっと短くて背中側に位置し,歩くときにバランスをとるのに使われる。指節と前節は不完全なはさみを形成しており,海藻の切れはしなどをはさんでいることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android