コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズムシ(水虫) ミズムシwater boatman

翻訳|water boatman

世界大百科事典 第2版の解説

ミズムシ【ミズムシ(水虫) water boatman】

半翅目ミズムシ科の昆虫(イラスト)。かつては池沼水田をとわず,どんな水たまりにもたくさんすんでいたのでこの名がついたのであろう。またよく発達したオール状の後脚を,左右同時に前後させて泳ぐ姿から,欧米では水中のボートこぎと呼ぶ。体の背面には濃淡の横縞がたくさんあり,体長9~11mmの水生カメムシ。呼吸のため水面に泳ぎついたミズムシは頭頂の剛毛で水面を破り,空気を取り入れて再び水中に潜る。空気は胸部や腹部背面(翅の下)に蓄えられ,背を上にして泳ぐ。

ミズムシ【ミズムシ(水虫) hog slater】

等脚目ミズムシ科の甲殻類。日本各地のほか,中国,サハリンシベリアにも分布している。水田,池沼など,各地の淡水にふつうに見られ,水草などの間をはっている。小型で体長1cmくらい,体は細長い小判状,背腹に扁平,背面は灰褐色あるいは黒褐色で,薄い色の斑紋を散在させている。全腹節と尾節とは完全に癒合して1節のように見える腹尾節になっている。雌では第1腹肢がない。尾肢は腹尾節の後端近くにあって,長く,大きい棒状をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android