ミズワラビ(水蕨)(読み)ミズワラビ(英語表記)Ceratopteris thalictroides; floating fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズワラビ(水蕨)
ミズワラビ
Ceratopteris thalictroides; floating fern

ミズワラビ科の一年生の水生シダ植物。ミズシダ,ミズボウフウ,ミズニンジンともいう。旧大陸の熱帯から暖帯に広く分布する。水田,沼沢地に生える。根茎は短く斜上し少数の鱗片をもつ。葉は環境により長さに変化があって5~50cmになり,無毛の革質で,胞子葉と栄養葉があり叢生する。栄養葉は胞子葉より短く,2~3回羽状に深裂し,裂片は幅広く羽片の分岐点にしばしば不定芽を生じる。葉脈は網状。夏から秋にかけて,細長い胞子葉を伸ばし,細い裂片の葉脈上に並んで多数の胞子嚢をつけ,両側の葉縁が反転してこれを包む。胞子嚢は大型,無柄で,中に 16または 32個の胞子を生じる。葉は食用となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android