コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチガエソウ

海藻海草標本図鑑の解説

ミチガエソウ

からだは円柱状。主軸は下部ではやや太く,上部になるにつれ細くなる。対生または互生に不規則にたくさんの枝を出し,小枝も対生または互生に出す。小枝の先端は尖る。手触りは柔らかい。生体は濃紅色。押し葉標本は台紙に付かない。一見,マクサに非常に似ており,ミチガエソウという和名はマクサに見間違えるほど似ている事からついた。付着器の形態が,マクサでは糸状根なのに対し,ミチガエソウは盤状根であるので,基部をみれば容易に見分けられる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android