コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッチ・ケイパー みっちけいぱー

1件 の用語解説(ミッチ・ケイパーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ミッチ・ケイパー

Lotus 1-2-3の開発者で、米Lotus社の設立者。1981年、同氏が開発した「ビジプロット」と「ビジトレンド」というソフトウェアが好評を博し、多大な著作権料を得た。その資金で1982年米Lotus社を設立。その秋に開催されたCOMDEXで発表されたLotus 1-2-3は、画面上でヘルプを参照できるオンラインヘルプ機能を初めて採用した他、チュートリアル用のディスクを添付したり、ユーザーサポートのための専門部署を設置したことでユーザーから支持され、世界で最初に開発された「ビジカルク」のシェアを奪い、瞬時に表計算ソフトトップシェアを獲得した。現在は私財を投じて設立したオープンソース・アプリケーション財団代表。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミッチ・ケイパーの関連キーワードイースターエッグ開発コード名デベロッパーMosaicリナックスオーク荒野核開発国産旅客機の開発野崎武左衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone