コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミップマッピング みっぷまっぴんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ミップマッピング

3Dグラフィックスのテクスチャマッピングによる表現を、より高度にする手法。サイズの異なるテクスチャ用の画像を、表面のポリゴンの奥行きに合わせてマッピングする。これにより、通常のテクスチャマッピングより精密な表現が可能になる。なお、テクスチャを貼り付けた物体を奥行き方向に移動させると、テクスチャ画像の切り替えによって物体がちらつくことがある。これを防ぐため、大小のテクスチャから中間のテクスチャを作成する、トリリニアフィルタリングを併用することもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ミップマッピングの関連キーワード3Dグラフィックス

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android