コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツスイ(蜜吸) ミツスイhoneyeater

世界大百科事典 第2版の解説

ミツスイ【ミツスイ(蜜吸) honeyeater】

スズメ目ミツスイ科Meliphagidaeの鳥の総称。この科には39属約170種の小型ないし中型の鳥が属している。全長10~43cm。羽色は一般にじみな緑色,灰褐色,オリーブ褐色などのものが多く,雌雄はふつう同色である。しかし,ミツスイ属Myzomelaでは雌雄は多少とも異色で,雄は頭頸(とうけい)部や腰に鮮やかな赤色の羽毛がある。また,羽色はじみでも,飾羽,肉垂(にくだれ),額のかぶと状突起などが発達している種もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android