コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバウツギ(三葉空木) ミツバウツギStaphylea bumalda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバウツギ(三葉空木)
ミツバウツギ
Staphylea bumalda

ミツバウツギ科の落葉小高木。アジア東部に分布し,日本各地の山地に普通にみられる。葉は対生し,3小葉から成る複葉で,小葉は長さ3~7cmの先のとがった長卵状楕円形,縁に細鋸歯がある。5~6月頃,枝先に円錐花序を出し,半開した小さな白色花をつける。萼,花弁,おしべは各5個あり,ほぼ同じ 8mmほどの長さである。材は白色で割りやすく,箸や木釘に利用される。若葉は食用になり,東北地方では乾燥して保存食にするところもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android