コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバツツジ(三葉躑躅) ミツバツツジRhododendron dilatatum

1件 の用語解説(ミツバツツジ(三葉躑躅)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバツツジ(三葉躑躅)
ミツバツツジ
Rhododendron dilatatum

ツツジ科の落葉低木で,関東,東海道,近畿に分布する。やや乾燥した日当りのよい山地に生育する。幹は高さ 2mほどになり,枝は普通,車輪状に2~4本に分岐して伸びる。葉は枝の先に3枚ずつ輪生し広卵菱形または広菱形で全縁,初めは毛があるがのちにほとんど無毛となる。4月頃,葉の開く前に枝先に紅紫色の花を2~3個ずつつける。花冠は漏斗状で深く5裂し,花冠と同長のおしべが5本ある。葉柄,花柄,子房に腺毛があるのとおしべが5本ある点で他のミツバツツジ類 (おしべは 10本) と異なる。庭木や切り花として観賞される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone