ミトリダテス(1世)(読み)みとりだてす(英語表記)Mithridates Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミトリダテス(1世)
みとりだてす
Mithridates
(?―前138ころ)

パルティア(アルサケス朝)の王(在位前171ころ~前138ころ)。ミトラダテス1世、アルサケス6世ともよばれる。兄フラーテス1世の後を継ぎ即位した。王はバクトリア王国のメルブ地方、セレウコス朝支配下のメディアを征服後、エラム、バビロニアをも獲得し、王国繁栄の基礎を築いた。西はユーフラテス川から東はガンジス川に及ぶ広大な版図を領有し、王は自ら「ギリシア人の友」と称し、その文化を愛好した。[吉村作治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android