コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナーチ Mináč, Vladimír

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナーチ
Mináč, Vladimír

[生]1922.8.10. クレノベツ
[没]1996.10.25
スロバキアの小説家。第2次世界大戦中はパルチザン闘争に参加。主著『死は山を歩く』 Smrt' chodípo horách (1948) ,短編小説『境界にて』 Na rozhraní (1954) ,短編集『覚え書』 Záznamy (1963) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミナーチ
みなーち
Vladimr Min
(1922―1996)

スロバキアの作家。長編小説『死が山を歩き廻(まわ)る』(1948)で登場し、『昨日と明日』(1949)で地位を確立した。続いて『青い波』(1951)が発表され、それぞれスロバキア蜂起(ほうき)、第二次世界大戦後の転換期の1948年、その後の建設と、スロバキアの現代の問題をとらえている。代表作は「ジェネレーション」としてまとめられる三部作、『長い待ち時間』(1958)、『生者と死者』(1959)、『鐘が鳴る』(1961)である。このほかにも作品は多く、批評もまた数多く手がけた。[千野栄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミナーチの関連キーワードスロバキア文学スロバキア8月10日千野栄一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android