コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニカラビナ minicarabiner

パラグライダー用語辞典の解説

ミニカラビナ

パラグライダー初期ではハーネスとライザーの接続に山岳登坂などに使われるD形や楕円カラビナを使用した。やがてパラグライダー専用の台形カラビナが出現したが、用途目的からして若干大きく不恰好でもあった。そして、小さく改良化したミニカラビナが出現し、市場はたちまちこのミニカラビナ一色となった。最近ではミニカラビナが当たり前になり、ミニと言う言葉は死語になりつつある。また、ラピットリングをミニカラビナという事もある。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミニカラビナの関連情報