コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニステリアーレス Ministeriales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニステリアーレス
Ministeriales

ドイツ中世の国王や諸侯が用いた非自由身分の役人。家人などと訳される。その起源はメロビング朝頃までさかのぼるが,ザリエル朝のハインリヒ3世,さらに同4世の時代になると,ミニステリアーレスの政治的活動が顕著になった。そしてホーエンシュタウフェン朝にいたり,聖職叙任権闘争後は,聖職諸侯に代って,非自由民を王領や家領経営などに盛んに用いるようになった。当時,非自由民は,国王の顧問,外交使節,軍役などにも任じられ,もっぱら国王や諸侯の機関として働き,次第に手当や土地を支給されるようになった。さらに彼らの役職とそれに対する土地給与が世襲されるにいたり,彼らは騎士身分と類似の性格を帯びるようになった。なかには,元来の主人以外の主人から封建知行を受ける者も現れ,政治的,経済的に高い地位を有するようになったため,12世紀以後は多数の自由身分の人々も自由を放棄してミニステリアーレスとなった。ミニステリアーレスと主人の関係を規定したものが家人勤務法 Dienstrechtである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミニステリアーレスの関連キーワードトルフゼス・フォン・ワルトブルクコンラート(2世)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android