コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニトランスプラント みにとらんすぷらんとmini‐transplant

知恵蔵の解説

ミニトランスプラント

がん患者に他人(多くは血縁者)の造血幹細胞またはリンパ球を注入して行う、がん免疫療法の1つ。移入されたリンパ球や造血幹細胞から分化したリンパ球により、がん細胞が殺されることを利用する。通常の造血幹細胞移植とは異なり、あらかじめ大量の化学療法でがん細胞を殺しておく必要がないので、高齢者や臓器障害のある患者にも行える利点がある。造血幹細胞は、末梢血、骨髄、臍帯血などから採取する。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android