コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニトランスプラント みにとらんすぷらんと mini‐transplant

1件 の用語解説(ミニトランスプラントの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ミニトランスプラント

がん患者に他人(多くは血縁者)の造血幹細胞またはリンパ球を注入して行う、がん免疫療法の1つ。移入されたリンパ球や造血幹細胞から分化したリンパ球により、がん細胞が殺されることを利用する。通常の造血幹細胞移植とは異なり、あらかじめ大量の化学療法でがん細胞を殺しておく必要がないので、高齢者や臓器障害のある患者にも行える利点がある。造血幹細胞は、末梢血、骨髄、臍帯血などから採取する。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニトランスプラントの関連キーワード再生不良性貧血多発性骨髄腫臍帯血移植造血幹細胞移植臍帯(さいたい)血移植骨髄幹細胞臍帯血造血幹細胞体性幹細胞血球芽細胞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone