コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマムアクセス(MA)米

1件 の用語解説(ミニマムアクセス(MA)米の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミニマムアクセス(MA)米

世界の貿易ルールを決めるウルグアイ・ラウンド(1993年に合意)などで、日本はコメに高関税(1キロ当たり341円)をかける代わりに一定量を政府が無税で輸入することになった。輸入は95年から始まり年77万トンが義務化されている。うち10万トンは主食用。

(2012-03-21 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニマムアクセス(MA)米の関連キーワードウルグアイラウンドウルグアイラプラタ川ファウルグラウンドペソ臍を決める新ラウンド世界貿易機関(WTO:World Trade Organization)関税化とミニマムアクセスウルグアイ・ラウンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミニマムアクセス(MA)米の関連情報