コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマム・アクセス(MA)米

1件 の用語解説(ミニマム・アクセス(MA)米の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミニマム・アクセス(MA)米

93年のウルグアイ・ラウンド合意で、日本が事実上の義務として輸入するようになった米。年間約77万トンある。政府は三笠フーズ事件を受け、汚染米の「供給源」となっていたMA米の輸入を当面見合わせる方針を決めた。

(2008-09-26 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニマム・アクセス(MA)米の関連キーワードウルグアイラウンドウルグアイ東京ラウンドファウルグラウンドフェアグラウンドWTO(World trade organization)ウルグアイ・ラウンド(UR)農業交渉(合意)AMS(助成合計量)ミニマム・アクセス米加工品の原料米

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone