コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマム・アクセス米

1件 の用語解説(ミニマム・アクセス米の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミニマム・アクセス米

93年のウルグアイ・ラウンド合意で、日本は約780%の高関税で外国産米の輸入を制限するかわりに一定量の輸入を義務づけられた。現在は年間77万トン。06年度で購入に493億円、保管が184億円かかっている。政府が年間10回程度の入札を行い、落札した商社がその価格でコメを調達する。米国、タイ産が多く、豪州、ベトナム産が続く。1トン5万〜7万円程度で、国産米の2〜4割。在庫は一時203万トンまで積み上がったが、現在は120万トン強。毎年みそ、菓子メーカーに販売したり、援助用に回したりしている。

(2008-04-24 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニマム・アクセス米の関連キーワードウルグアイラウンドウルグアイ東京ラウンドファウルグラウンドフェアグラウンドWTO(World trade organization)ウルグアイ・ラウンド(UR)農業交渉(合意)AMS(助成合計量)ミニマム・アクセス(MA)米加工品の原料米

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミニマム・アクセス米の関連情報