コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマルファブ minimal fab

デジタル大辞泉の解説

ミニマル‐ファブ(minimal fab)

半導体集積回路の超小型生産システム。半インチシリコンウエハーから1個のチップを生産できる程度の規模を指す。装置の大きさ(幅)は約30センチメートルで、クリーンルームも必要とせず、工場全体の大きさも10メートル四方に収まる。従来の半導体生産で使われた大型の工場(メガファブ)に対し、投資規模を抑えられるほか、研究と開発を一体化し、自由度の高い設計や製造が可能になるという利点がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ミニマルファブの関連キーワード半導体集積回路

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android