コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニマルファブ ミニマルファブ minimal fab

1件 の用語解説(ミニマルファブの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミニマル‐ファブ(minimal fab)

半導体集積回路の超小型生産システム。半インチシリコンウエハーから1個のチップを生産できる程度の規模を指す。装置の大きさ(幅)は約30センチメートルで、クリーンルームも必要とせず、工場全体の大きさも10メートル四方に収まる。従来の半導体生産で使われた大型の工場(メガファブ)に対し、投資規模を抑えられるほか、研究と開発を一体化し、自由度の高い設計や製造が可能になるという利点がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミニマルファブの関連キーワード混成集積回路半導体集積回路フォトマスクアクセルAIチップソリッドサーキット光電子集積回路集積度立体半導体システムLSI(大規模集積回路)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone