コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニレター

大辞林 第三版の解説

ミニレター

mini+letter〕
日本郵便(郵便事業株式会社)が発行する切手付き封筒兼用便箋びんせん。通信文を書いて折り畳み、封をして使用する。全体の重さが 25g 以内になるものを同封可能。通常の定形郵便物(25g 以内)の料金より安い。1966 年(昭和 41)に開始。旧称、郵便書簡。 → エアログラム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のミニレターの言及

【郵便】より

…(b)定形外郵便物は郵便書簡と定形郵便物を除いたその他のものをいう。(c)郵便書簡(ミニレター)は郵政省発行の料額印面のついた封筒兼便せんの用紙で,通信文を書いて折りたたんで封をすればよい簡便なものである。(2)第二種郵便物 郵便はがきである。…

※「ミニレター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android