コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネカエデ(峰楓) ミネカエデAcer tschonoskii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミネカエデ(峰楓)
ミネカエデ
Acer tschonoskii

カエデ科の落葉小高木で,本州中部以北と北海道の亜高山帯に自生する。葉は柄があって対生し,掌状に5深裂する。裂片は披針形で先は鋭くとがり,葉縁に欠刻状の重鋸歯がある。葉柄と葉の基部の裏面に赤色の毛を生じる。葉身の幅と長さは6~7cm。夏に,帯紅黄色の花を短い総状花序に多数つける。翼果の羽はほとんど直角に開くので,コミネカエデがほとんど一直線になるのと明らかに区別できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミネカエデ(峰楓)の関連キーワードカエデ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android