ミハイル ロシチン(英語表記)Mihail Mihaylovich Roshchin

20世紀西洋人名事典の解説

ミハイル ロシチン
Mihail Mihaylovich Roshchin


1933 -
ソ連の小説家,劇作家。
19歳で処女作を発表、「ノーブィ・ミール」誌などに、辺境地域で働く青年の生態をリアルに描いた作品を寄稿、ソルジェニツィン事件、チェコ事件の際は、反体制的立場に立った。1960年頃より書かれた十数本の戯曲の評価は高かったが、当時検閲で日の目をみず、その中で公開された「ワレンチンとワレンチーナ」(’71年)は性や社会矛盾を斬新な劇形式で大胆に取り上げて国際的な反響をよんだ。他の作品には、小説集「およそ二〇分」(’65年)、「朝から夜まで」(’68年)、「天国の二四日」(’71年)、児童劇「冬の虹」、戯曲「旧正月」「軍用列車」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android