コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハエリス Leonor Michaelis

世界大百科事典 第2版の解説

ミハエリス【Leonor Michaelis】

1875‐1949
ドイツ生れの生理化学者。ベルリン大学を卒業後,O.ヘルトウィヒのもとで初期発生学,P.エールリヒのもとで免疫学を研究。やがて基礎的な生物物理化学に転じ,酵素反応の水素イオン濃度と緩衝液の理論,測定など多くの業績をあげた。なかでも酵素反応の基質酵素複合体の理論(ミハエリス=メンテンの式)はとくに名高い。1922年来日し,名古屋の医学専門学校の生化学教授に赴任。26年J.ロイブの招きでアメリカに渡り,ジョンズ・ホプキンズ大学講師を経て,ロックフェラー研究所で研究した(1929‐40)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ミハエリスの関連キーワードL. ミハエリスケルラリウスヘアトリング1月16日古典考古学ベーリスKM

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android