コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハエリス Leonor Michaelis

1件 の用語解説(ミハエリスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミハエリス【Leonor Michaelis】

1875‐1949
ドイツ生れの生理化学者。ベルリン大学を卒業後,O.ヘルトウィヒのもとで初期発生学,P.エールリヒのもとで免疫学を研究。やがて基礎的な生物物理化学に転じ,酵素反応の水素イオン濃度と緩衝液の理論,測定など多くの業績をあげた。なかでも酵素反応の基質酵素複合体の理論(ミハエリス=メンテンの式)はとくに名高い。1922年来日し,名古屋医学専門学校生化学教授に赴任。26年J.ロイブの招きでアメリカに渡り,ジョンズ・ホプキンズ大学講師を経て,ロックフェラー研究所で研究した(1929‐40)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミハエリスの関連キーワードアレニウスオストワルトコッセル柴田桂太鈴木梅太郎西ドイツライルアベックマイヤーホーフマイヤーホフ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone