コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハエル・シューマッハ みはえる・しゅーまっは

2件 の用語解説(ミハエル・シューマッハの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ミハエル・シューマッハ

元F1ドライバー。1969年1月3日、ドイツ生まれ。父はれんが職人、6歳年下の弟ラルフ・シューマッハは6勝を挙げた元F1ドライバーである。
4歳からペダルカートを始めた。10代から本格的にカートで活躍し、その後、F3に参戦。90年ドイツF3年間チャンピオンとなり、同年、各国のF3上位者が参戦するマカオF3でミカ・ハッキネンを下して優勝した。91年のF1第11戦ベルギーGPで7up・ジョーダン(当時)からF1デビュー。予選でいきなり7位となり、決勝はリタイアとなったものの有望新人として注目を集めた。この時日本人ドライバーとしては、中島悟、鈴木亜久里が参戦している。翌12戦からはベネトンのレギュラーシートを獲得した。
92年のベルギーグランプリで、デビュー18戦目にしてF1初優勝。94年には、シーズン8勝を挙げ、ベネトン・フォードで初の、またドイツ人としても初のF1ワールドチャンピオンとなる。翌年も9勝を挙げ連続ワールドチャンピオンとなる。
96年、名門フェラーリに移籍。2000年、フェラーリにとっては21年ぶりのワールドチャンピオンとなり、それ以降04年まで5年連続でワールドチャンピオンを獲得した。06年に1度目の引退。ここまでに、通算7度のワールドチャンピオンを獲得、91勝を挙げ、年間優勝13回など、多くの歴代最多記録を残した。
10年、メルセデス・グランプリチームからF1に復帰したものの、チームメイトのポイントにも及ばず、シーズン未勝利に終わる。以降は、かつてのような成績を残すことができず12年まで未勝利のまま2度目の引退となった。
13年12月29日(現地時間)、フランスアルプスリゾート地メリベルでスキー中に転倒して岩に激突。頭を打ち、意識不明の重体に陥った。14年2月現在、鎮静剤を少しずつ減らしながら、意識を回復させるための治療が始められている。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

知恵蔵miniの解説

ミハエル・シューマッハ

ドイツのF1(フォーミュラ1)ドライバー。1969年1月3日、ドイツのフルト・ヘルムールハイムで生まれる。174センチ、75キロ。おもな戦績は、出走286回、優勝91回、通算獲得ポイント1517、表彰台(3位以内)154回。83年に国内カートライセンスを取得、87年にはドイツとヨーロッパのカートチャンピオンとなった。89年「ドイツF3」にてシリーズ3位、翌年チャンピオンとなる。90年、「ザウバー・メルセデス」チームに加わり、翌年「ル・マン24時間耐久レース」で5位入賞など好成績を残して新興チーム「ジョーダン・グランプリ」に移籍、F1に初参戦する。大型ルーキーとして注目され、同年「ベネトン・フォーミュラ」に移籍。92年「ベルギーグランプリ」にて、デビュー18戦目でF1初勝利を達成。その後もアイルトン・セナ(94年事故死)と優勝争いをするなど活躍し、96年「スクーデリア・フェラーリ」に移籍。2001年、F1最多ポイント・最多ファステストラップ・最多勝記録を更新。04年「ベルギーグランプリ」にて5年連続で通算7度のチャンピオンに輝いた。06年に一度F1から引退したが、09年末に「メルセデス・グランプリ」と契約、F1復帰を果たす。その後は12年の「ヨーロッパグランプリ」3位を最高とし、同年末をもっての現役引退を表明した。元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは実弟。

(2012-10-09)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

ミハエル・シューマッハの関連キーワード東京ヴェルディ文化勲章由紀さおりビリーバンバン杉田二郎志垣太郎ニッサンフェアレディZ432 PS30型怪物くんATGプロヴォーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミハエル・シューマッハの関連情報