コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミバエ(果実蠅) ミバエfruit fly

翻訳|fruit fly

世界大百科事典 第2版の解説

ミバエ【ミバエ(果実蠅) fruit fly】

双翅目ミバエ科Trypetidae(=Tephritidae)に属する昆虫の総称。成虫は小型から中型,大きな種でもイエバエ程度である。翅に美しい斑紋のある種が多く,生きているときの複眼は緑色または青色に輝き美しい。成虫は,花みつやカイガラムシ分泌物を食べて生活する。産卵管は硬化するが,伸縮性がある。これを果実にさし入れて産卵する。孵化(ふか)した幼虫は,果実の内部を食べて成長し,土中で蛹化(ようか)する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミバエ(果実蠅)の言及

【ショウジョウバエ(猩々蠅)】より

…赤い眼をした小型のハエで,腐った果実や,家屋内では漬物おけなどに集まっているのが見られる。英名のwine fly,fruit fly,vinegar flyは,発酵した果実や酢に集まるハエの意である。和名も,酒を飲んで舞う能の“猩々”から由来したという。…

※「ミバエ(果実蠅)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android