コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミフウズラ(三斑鶉) ミフウズラ

1件 の用語解説(ミフウズラ(三斑鶉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミフウズラ【ミフウズラ(三斑鶉)】

ツル目ミフウズラ科の1種,またはミフウズラ科の鳥の総称。ミフウズラTurnix suscitator(英名barred button quail)は,全長約14cm。スズメとほぼ同大で,体つきは丸みがあり,一見ウズラに似ている。雌雄とも黄褐色を主色とし,上面には白色,濃褐色,黒色の横斑と縦斑とがあり,胸部と脇には黒色の横斑がある。この鳥は雌のほうが羽色がくっきりしていて,雌はのどから上胸部が黒い。インドおよび中国南部からセレベスまで分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミフウズラ(三斑鶉)の関連キーワード伊丹風鶉茸裏を封ず紙風船三斑鶉鶉チャボ鶉の床鶉木ウズラ卵鶉鍋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone