コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミカキタケ(耳掻茸) ミミカキタケCordyceps nutans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミカキタケ(耳掻茸)
ミミカキタケ
Cordyceps nutans

子嚢菌類バッカクキン目ニクザキン科。カメムシ類の成虫を宿主とする冬虫夏草 (とうちゅうかそう) の1種で,カメムシタケともいう。林間の草むらや石ころの間から子実体を出し,宿主体は一般に地中に埋没している。子実体は長さ4~17cm,径5~8mmの針金状の柄を有し,頭部は棍棒状または長楕円体状をしている。柄部と上の 1cmほどを除いて黒色で光沢を有し,頭部は柄の上部とともに橙黄色である。この頭部には多数の被子器が埋没している。日本,中国に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android