コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミズク(木菟) ミミズク

世界大百科事典 第2版の解説

ミミズク【ミミズク(木菟)】

フクロウ目の鳥のうち,一般に羽角(外耳状の羽冠)のあるものをミミズクと呼び,羽角のないフクロウと区別する。しかし,この区別は分類学的な根拠のあるものではなく,またアオバズクのように羽角がないのにズクの名をもつものや,反対に羽角があるのにフクロウの名があるシマフクロウのような例もある。日本産のフクロウ目の鳥でミミズクまたはズクの名のつくものは,ワシミミズク,トラフズク,コミミズクコノハズク,オオコノハズク,アオバズクの6種である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android