コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミル(英語表記)Mimir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミル
Mimir

北欧神話の知恵者の巨人。世界樹イグドラシルの一つの根のそばにあるミミルの泉を守っていた。この泉の水は知恵と知識をたくわえていたので,より多くの知識を得たいと思ったオーディンは,片眼と引替えに泉の水を飲ませてもらった。別の神話によると,アサ神族バナ神族との戦いののち,人質としてミミルはヘニルとともにアサ神族からバナ神族のところへ送られた。バナ神族はヘニルがミミルに頼りきっているので怒り,ミミルの首を切ってオーディンに届け,オーディンは以後ミミルの首を大切にして,事があるとそれに相談したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android