コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミャンマーと民主化運動

1件 の用語解説(ミャンマーと民主化運動の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミャンマーと民主化運動

最高指導者のネ・ウィン将軍のもとで62年から続いた独裁体制に対し、88年に学生や市民、僧侶らが反政府運動を展開。そのさなかに軍がクーデターを決行し、全権を掌握した軍は反政府運動を武力で鎮圧、多数の死傷者が出た。軍事政権は89年、軍批判を続ける民主化運動指導者アウン・サンスー・チー氏を治安維持法違反で自宅軟禁。翌90年の総選挙では同氏率いる国民民主連盟が圧勝したが、軍政はこの結果を認めず、抗議活動も徹底的に弾圧した。96年に起きた反政府デモにも、大学の全面封鎖という強硬措置。軍政は、ノーベル平和賞を受賞したスー・チー氏や元学生運動家らの拘束や自宅軟禁を繰り返し、民主化勢力への弾圧を続けている。その一方で、軍政は7段階の「民政移管計画」を表明、第1段階とされる新憲法の基本方針を決める国民会議(93年発足)が、9月に14年がかりで終了した。しかし、軍の権力維持のための内容がちりばめられたうえ、今後の日程も明らかにされていない。

(2007-09-27 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミャンマーと民主化運動の関連キーワードNCAカリーニンカリフホメイニ草の根ウィレムウィンナウィンタ岩イランの政治体制国民統一党(NUP)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone